咳@NAVI-咳の検査





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
sponsored link




特に一度咳が出始めてから長い間続くようであれば、病院に行って適切な検査を受ける必要があります。

原因となる病気の種類が非常に多いため、検査の方法としてもさまざまなことが行われます。

たとえば咳の状態によっても、診断される病気は異なるものになります。

聴診器を使った呼吸音の確認も重要なものとなります。

咳が長引いていながら、音を聞いてみると喘息のような異音の混ざった呼吸音でないという場合には、「咳喘息」の可能性が高いといったようになります。

また、赤ちゃんなどに多い「百日咳」について検査する方法としては、『百日咳菌抗体検査』といったものがあります。

血清の測定によって、値の増加から感染を判断することになります。

そのほか、ウイルスが飛んで感染する病気である「クラミジア」、鳥を飼育している人に見られる「オウム病」といった病気については採血しての検査も行われます。

さらに、咳に痰がからんでいる場合については、痰についての検査というものもあります。

痰に含まれている細胞を分析することによって、肺がんなどの所見が明らかにもなるというものです。



sponsored link


咳@NAVI  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します