咳のお悩み解決





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


「ゴホっ、ゴホっ」

失礼、咳き込んでしまいました。

こんな何気ない「せき」にも、様々な病気が隠れていることがあるのです。

まずは詳しく見ていくことにしましょう。

sponsored link




「咳」は人間の日常的な生理現象であり、あるいは故意的に「出す」ものでもあります。

医学的には正式な名称があり、「咳嗽」(がいそう)といいます。

現象としては、空気が溜まっている場所である肺、空気の通り道である気道から通常の呼吸とは異なる速度で空気を出すというものです。

通常の呼吸のサイクルが乱されるため、何回か連続で起こる場合が多くなっています。

日常生活の中でも、セキや頭痛などのように突発的に起こりうるものは非常に厄介ですよね。

まずは、セキのメカニズムを知って、セキに困らない為の対策ができるようになりましょう。

咳とは?


のどの痛みについて詳しく
のどの痛み徹底解明




せきが出る原因となるものは非常に多く、さまざまな病気が疑われる症状であるともいうことができます。

ホコリなどを吸い込んでしまったり、食事中に食べ物や飲み物が気管に入ってしまって「むせる」という状態でも咳が出ますので、異物と総称されるものの気道への侵入は大きな原因となります。

一過性のせき以外で一定期間セキが出続けるという場合には、病気を疑わなければなりません。

主には呼吸器系の病気のほか、神経系の病気の症状として現れているという可能性も考えることができます。

咳の原因





病気の症状として咳が出る場合も多くありますので、せきの出方や頻度、度合いなどによって病気の正体を明らかにしなければなりません。

風邪の症状としてせきの出ることが最も知られているかもしれませんが、風邪の場合と非常によく似たせきが出る場合があります。

たとえば『気管支炎』の症状としてのせきについては、風邪とほとんど変わりません。

ただ、風邪のときに起こるほかの症状が一通り治まってもその後なお、せきが出続けるのです。

咳の病気





せきの出る原因が多くある以上、放っておいて良いという現象ではありません。

しっかりと治療をする必要があります。

ほんの少しセキが出ているくらいだから何でもないだろうという自己判断のもとに、症状を放置していたところいつの間にか治っていたという経験があれば、なおさらセキのことを重要視しなくなってしまうのではないでしょうか。

ただの風邪などであれば十分に自然治癒ということもあり得るのですが、ほかの深刻な病気であればそうはいきません。

咳の治療




せきの出ることは、珍しいことではありません。

ただ、原因にはさまざまなものがあるため、軽視してもいけないものです。

それでありながら、しばらくの間セキが続いていると、「しつこい風邪だ」というように思ってしまいがちであるものです。

セキが出始めてから半月を超えるようであれば、別の病気の可能性を考えるべきです。

咳が長引くのは危険のサイン





今ひとつ一般に認識されていない病気が『咳喘息』です。

基本となる症状が「咳」ですので、病気として特定することが難しいものでもあります。

ですが長期間にわたってせきが続く場合に、もっとも多く症例として見られるものは、咳喘息であるのです。

せきは風邪のときと同じように出るのですが、その原因はアレルギー性のものであるため、風邪薬や咳止めの効果は発揮されません。

咳と咳喘息





特に一度せきが出始めてから長い間続くようであれば、病院に行って適切な検査を受ける必要があります。

原因となる病気の種類が非常に多いため、検査の方法としてもさまざまなことが行われます。

たとえばせきの状態によっても、診断される病気は異なるものになります。

聴診器を使った呼吸音の確認も重要なものとなります。

せきが長引いていながら、音を聞いてみると喘息のような異音の混ざった呼吸音でないという場合には、「咳喘息」の可能性が高いといったようになります。

また、赤ちゃんなどに多い「百日咳」について検査する方法としては、『百日咳菌抗体検査』といったものがあります。

咳の検査





一口にせきといっても「軽いせきが出る」、「痰がからんだせきが出る」といったように、せきの出方などにはバリエーションがあります。

セキを出している病気を判断するためにも、セキの出方などは大きなポイントとなります。

乾性咳漱は痰を伴わない「乾いた咳」のことをいいます。

軽いものもあれば、せきこむように続けてせきが出ることもあり、あまりの苦しさに呼吸もままならなくなったり、吐き気をもよおすこともあるほどの激しい場合があります。

咳の種類





セキが出ることは、誰にでもあるものです。

その中で一緒に痰も出てきてしまう場合の方が、ただ軽くコンコンという感じでセキが出るときよりも病的なイメージをともなうのではないでしょうか。

ですが軽い「乾いた咳」であっても、その背後に潜んでいる病気には膨大な種類が考えられるのです。

中にはあまり知られていないような病気もあります。

たとえば心臓の疾患である『心房中核欠損症』というものがあります。

乾いたような咳





セキが出るときに痰のからむ場合があります。

痰というとお年寄りの方がよくからむというようなイメージもあり、あまり気持ちの良いものではありませんが、病気のサインが隠れているのです。

セキが先か痰が先か、ということもあります。

セキが出ていない状態であっても、痰がのどのところにからまっていて気持ちが悪いため、痰をどうにか出そうとしてセキを出してしまうという場合です。

咳に痰がからむ


sponsored link

咳@NAVI  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します